MALSI(マルシー)学習力・意欲診断

MALSI学習力・意欲診断監修椿本弥生

MALSI(マルシー)学習力・意欲診断とは

MALSI学習力・意欲診断イメージMALSIとは、子どもたちの教科力(国語、算数、英語など)の根底にある学習力・意欲を“見える化”し、本格的な教科指導の開始と同時に子どもたちの長所の把握、課題を察知することで、効果的な学習指導を行う下地作りを可能とする診断テストです。この診断結果により、指導者が生徒・保護者様にお子様の長所や課題を明示することができるため、指導者と生徒・保護者で今後の指導方針が共有でき、指導者・生徒・保護者が一体となって生徒の学力向上に取り組めます。

MALSIは全国のMALSI学習力・意欲診断実施の学習塾にて受験が可能です。また学習塾ではその後の指導に関するアドバイスを受けられますので、ぜひ多くの生徒・保護者様のお申込をお待ちしております。なお実施の有無は、お近くの学習塾にお問合せください。

お問い合わせご案内女性

生徒・保護者お問い合わせ

学習塾・法人様お問い合わせ

 

MALSI学習力・意欲診断の基本概念

MALSI学習力・意欲診断のコンセプトMALSI学習力・意欲診断では、教科力である学力と教科力の根底にある学習力を分けて考えています。学力(教科力)とは、すなわち国語、算数(数学)、理科、社会などの科目の知識・応用力を指します。一方、科目に関わらず、先生の話を「聞く力」、文字として「書く力」、科目に関わらず文章を「読み解く力」など学習の仕方・方法に関わるスキルを「学習力」としています。さらに「テストの受け方」学習全般の「自己管理」、学校や家庭での時間管理に関わる「タイムマネジメント」を「基本行動」と位置づけ、その他、「学習モチベーション」「テスト時の平常心」「集中力・注意力」を「学習姿勢」としています。 MALSI学習力・意欲診断では、これら3つ分野と学力の関係は、右記の図のような関係になると考えています。

例えば、計画的に学習を行うことで、全ての教科力によい影響が及び、成績の向上が見込めるように、タイムマネジメントに含まれる計画性要素は、全ての教科において重要な能力です。 これら学習力に関しては、一般的に指導の環境(対応する生徒数や授業時間)によって、生徒一人ひとりの状態を把握するまでには、多くの時間を要します。もし、指導前にこれら生徒一人ひとりの学習状態を把握することができれば、指導開始と同時により効果的な指導が期待できるのではないかと考えました。

成績としては表れていないお子様の能力もこの診断では、新たな発見があります。例えば、「ノートのとり方がうまい」「計画を立てるのが得意」「文章を論理的に書ける」など、それぞれの特徴、長所を見極め、最適な学習方法を提案し、課題を早期に発見し、的確な指導につなげていく―それが、MALSI開発のきっかけです。